日本の運転マナー

暇なときにどうぞ

ちょっと気になったことがあって、調べてみたよ。

 

運転マナーって、運転してる人が気にするのはもちろん、歩行者の命にも関わるから

大事だな。

という記事(ちがう

 

運転マナーは、そのまま英語で

driving manners なのだけれど

海外だとマナーはどうなのだろう(というかアメリカから調べた。他にも外国はいっぱいある)

と思って調べてみた。

で、

Let’s Go For a Drive! – Driving Manners In Japan – Japan Info
So, you finally got your Japanese driving license! Congratulations! Maybe you even used this Japan Info article to do so! Obtaining a Japanese driving license N...

こんなサイトを見つけた。

 

Japan Info

たぶん、サイト名からして

日本で起きていることを英語で紹介していこう、みたいなモットーなんだろうな

というのはわかるけれど

The Emergency Flashersのくだりはびっくりした。

あかいさんかく

エマージェンシーふらっしゃーず?

なんだそれ?

これ、いわゆるハザードのことらしい。赤い三角みたいなやつ。

Hazard flashersともいうみたい。

この記事では、「緊急時以外にハザードを使うな!」みたいな内容になっている。

日本人でも、混んでるときに使うことあるよ…

と声を大にして伝えたい。

 

その次のHorn もおもしろい。

ほるん(違う)

horn ってなんだ。

なんぞや。

これ、クラクションのことなのだ。

クラクションは、実は商標で(エレクトーンみたいなやつ)

一般的には高く鳴らす音、みたいな感覚でhorn となっているみたい。

これ、ホルンとも同じつづりをしている。

ホルン吹ける人ってかっこよくね? 金管楽器ってなんであんなにかっこいいの?

つぎだつぎ。

Backing Into Parking

バックして車に入れる。

日本じゃあたりまえだけど、海外、とりわけアメリカだと前進駐車しかしなかったりする。

日本人がよくいくアメリカの領土といえばハワイだけれど、

前進駐車していないと日本人と身バレしてしまい、車上荒らしに合う確率もあがる、なんてことも聞く。ところが違えば文化が違うとはいうものの ここまでとはなぁ…

でも、これは別に日本人が時代遅れとかってわけでもなくて

狭い土地(駐車場)にうまく止めるときにはバックで入れるほうがうまくいきやすい、

ということなのだ。

バック駐車は前進駐車に比べれば小回りがきくし、より枠の中に収めやすいってわけだ。

 

でも、駐車場が広いと安全面とか含めて色々有利だよなあ…

 

そんなことをおもいながら。

(まとめていない)まとめ

じゃあ、この記事の内容が海外の人にも伝わるように

ここまで全部英訳してみるかーーー

 

バタ(手記はここで途切れている

コメント