無駄な会議をなくせば生産性は上がるのではという話

仕事・ビジネス

会社の中で必ずといっていいほどある会議。

  • 定期的にやるもの
  • プロジェクトごとにやるもの

いろいろあるけど、無駄な会議も多いんじゃないかって思うわけですよ。

毎度のことだが愚痴もあります。どうか勘弁してください。

ついこうなってしまうんです。(オレが悪いんだきっと)

役職関係なく参加しないと

会議って基本新人だろうとベテランだろうと参加するだろうから(特に大きな規模でやる場合)

無駄なものをなくしていけば会社全体の利益にもつながるはずなんです。

まあでも大体、多すぎるよね。会議。

言いたいことをただ結論にしたり

マニュアル通りにただ進めたり

スライドに書いてあることをただ伝えて終わったり

「この会議の時間結局なんだったの??」

とツッコミをいれたくなることも多い。

大事な会議もそりゃあるよ。なくしちゃいけないものもありますとも。

これだけ、会議!!もういい!!やめだやめぃ!!とかいいつつも

会議自体は会社が業務をしていくうえで必要なものだとは思いますよ。

逃げに走ってるわけではないです。

1日5時間とる重み

でも会議の時間合わせて1日5時間とかあったりしません??

実労働時間8時間で5時間ってもはや仕事なにしてたの??って言われるレベルじゃないですか。

実質3時間ですよ。そりゃみんな会議中パソコンカタカタしますよ。内職しますよ。

だって時間ないんだもん。メールがたまりにたまりまくってしまいますよ。予定が埋まりに埋まってしまいますよ。新人ならまだそうそういきなり重たい仕事なんてないかもしれませんがベテランだともうね。てんてこまいですよ。忙しそうにしてるもん会議中

それがSHAKAIだ

こういうことをいうと一定数こういう反論がありますが

そういうことをいいたいわけじゃないのです。

そんなことをここで書いたらこの記事書いた意味がない。精神論なんていらん。

無駄なものは無駄なんじゃないかってはっきり言いたいんですよ。

まとめ

ひどい会議だと議長(会議を開いた側)がやる気ないのがみえみえだったりします。途中で「これ飽きたね」と言い出したり

ただやれといわれたからやってるだけというか、そんな雰囲気を感じたりすらします。

 

うーん

それでいいんでしょうかね。

せっかく時間をとってメンバー集めて話し合いをしているわけだからもっと意味のあることを話すべきだと思います。決まったことをただ伝えている、報告のような会議も多くあります。このブログを見ている会社員の方ならきっと納得してもらえるはずです。

そう信じています。(いや読者の方にメイワク

意見を出し合ってこの先どうしていくことが正解なのか、しっかりと論じることこそ会議を開く意味なのではないでしょうか。

 

ではでは

 

 

コメント