Youtubeを始めてみた感想とこれからについて

ブログの更新が滞ってしまい焦る焦る。

どうも、pinaです。

この挨拶すら久しぶりな気がしますね…

先日、Youtubeで動画投稿を始めてみました。

カメラもマイクもないので手元にあったスマホで動画撮影をし、簡単な編集をしてあげてみる。

こんな形で続けています。

この記事では、なぜ突然こんなことを始めたのかについて、

またこれからの目標について書いていきたいなと思っています。

最初は

Youtubeを始める前は、まあ抵抗ありましたね。

Youtubeってあれだけ流行ってて

有名なYoutuberは地上波に出たこともあって

なんなら小学生の将来の夢がYoutuberなんて言われてて

「これが時代の最先端だ!」みたいな香りがプンプンしてますが「いざ自分が投稿するわ」ってなったら絶対抵抗ありますよね。

どうせオレが投稿したところで有名になれるわけがないし

こんな風に思ってました。

 

でも、実は昔、簡単なゲーム配信をやってたことがあって。

これが音も悪いし画質も悪いしタイムラグも数秒あってひどいもんだったんですよ。

まさにゴミクオリティというやつですね。ゴミクオリティのトリプルパンチです。

 

その時の記憶がふと、最近になって蘇ってきて。

さっと動画をスマホで撮ってみたらやってみたんですよ。そしたら、思いのほかしゃべりやすかった。

自分の部屋だから安心してるのかも?
(ブログも部屋で書いてるんですけどね)

話すことと書くこと

話すことと書くことって似てるけど違いますよね。

書くことって、手書きでもキーボード打ちでも時間がかかります。なので、一度自分の中で「考える」ときができます。その結果、「こう書いてたけどこうしよう」「言い方を変えてみよう」とか立ち止まる時間が多くなります。

対して、カメラを前にして話すと「ラフに、ざっくばらんにしてもOKだな」と思えるポイントが多くなります。なぜか、といわれると説明に困りますが

「書くと誰もが後から見直すことができるけど、話すと耳にしか残らない」

これが大きいポイントかなあと思います。

動画投稿を始めてから

正直ブログよりやりやすい(焦

となってしまって困ってます。

動画編集はこだわりだすと大変なのですが、簡単な編集だとそこまで時間がかからなかったりします。こだわりだすといくら時間をかけても足りません。

なので、時間があるときはがっつりと編集をして動画を出し、

あまりないときは字幕だけを入れて出してみる。

しばらくはこういうやり方で続けていきたいと思っています。

最初は本当に動画編集についても知らない点が多く、この「簡単な編集」ですら

とんでもない時間がかかっていました。

ググる→試す→編集ソフトでやってみる→できる

→疑問点がまたできる→(ふりだしに戻る)

今、やっと少しづつこの流れに慣れつつあります。

ただ時間が足りなくて困ってます(焦

これから

まだ現時点(6月12日)で3つしか動画をあげてませんが

どんどんあげていくつもりです。

  • 動画編集の技術を上げられるか
  • 再生回数を稼ぐのにどれだけ時間がかかるか
  • 登録者数をどれだけ増やせるか

課題は山積みです。

まずは1本、1個づつという心を忘れずにやっていきます。

動画でもいったけど

キングネコ
キングネコ

動画編集とブログのダブルパンチはつらいよ

過労で倒れる。楽しいし面白いし割とサイコーなんだけど

なにせ働きながらやってると辛いですね。

できない理由を探し続けても仕方ないのでこれからも時間を見つけて続けていきます。

 

ではでは

コメント